産業医のバイトをやるなら知っておきたい仕事内容や働き方

産業医のバイトの仕事と勤務形態とは?

産業医という形態の働き方があります。これは医師ではあるものの、治療はしません。健康診断のような感じで、健康状態をチェックするだけです。仕事がそこまできつくないということからバイトという形で働いている人も多くいます。この産業医は多くの場合、企業で常勤、または非常勤で働きます。中には自分で医院を開業していて、その合間に企業に行って勤務をこなすケースもあります。現代人はきつい労働をしがちなので、体調を崩さないように、しっかり見守ってくれる彼らの存在は極めて重要なのです。労働者の健康状態を常にチェックしていくのが産業医の仕事になりますね。

産業医の勤務頻度はどれくらいか?

産業医のバイトはどれくらいの頻度で勤務をするのでしょうか?これは企業との契約にもよりますが、週に3回とか4回くらいがよくあるパターンで、週の半分程度を産業医として勤務している医師が多いです。そして、勤務時間も1日数時間程度なので、やはりそのあたりは本当にバイトと変わらないような働き方になりますね。他に医師としての仕事を抱えながら行っている人も多いので、そういう働き方の方が都合が良いという場合もありますし、そこまで長い時間勤務する必要がない仕事とも言えます。

産業医のバイトはどこで探す?

産業医のバイトはどこで見つけられるのでしょうか?なかなか求人が存在しそうなところが思い浮かばない方も多いかもしれませんが、一般的には、医師に関する求人を扱っているサイトがあるので、そこで探すと見つかることがあります。今は産業医の募集も結構ネットが多いので、産業医の仕事をしたいという方は、ネット上のいくつかの医師に関する求人サイトを回ってみると、産業医のバイトに関する求人が見つかる可能性も高いと思いますね。

医師のバイトとは常勤以外に勤務する雇用形態で非常勤して勤務するケースが多いでしょう。人手不足の医師確保の他にイベントなどで必要な場合に短発で働く場合もあります。