保育士のお仕事を探している方へ

保育士が働く場所は保育園だけではありません。

保育士のお仕事は、まず思いつくのは保育園ですが、保育士が働ける場所は、実はそのほかにも様々あります。まずは似た職種として幼稚園教諭がありますが、本来幼稚園と保育園では管轄が異なることから持つべき資格がことなるため、保育士の資格では幼稚園では働きづらい、ということがありますが、最近は幼保一元化の動きから幼稚園と保育園の両方の要素を持った、認定子ども園が増えてきていますので、幼稚園の中でも、保育士のニーズが出てきています。保育士の仕事の見つけ方の一つに、保育園だけでなく、子ども園としての機能を持った幼稚園も視野に入れていくことが必要です。

他にも様々な仕事があります。

保育士のお仕事は、保育園子ども園だけでなく、病院でも重要な役割を果たしています。入院の必要になった子どもにとって、病院に勤務する保育士は、気持ちの安定を得ることのできる大切な存在です。一つの病院で勤務する保育士は二人か三人くらいでそう、多くはありませんが、保育施設とはまた違った、役割を果たすことのできる職場です。また、イベント会場の保育、美容院や商業施設での預かり保育など、保育士が必要とされる場は意外とあります。

保育士のお仕事を探すとき

保育士の仕事を探す際は、ハローワークの情報やインターネット上に出ている求人情報、市役所が出している公立保育園の求人情報などをこまめに見ていくことになりますが、それだけでなく派遣会社に登録するという方法もあります。派遣会社に登録して探してもらうと、より自分の働き方に合った情報をもらえるメリットもあります。一般的に、保育士のお仕事は早朝から夕方までのシフト制であることが多いですが、非正規であれば、早番遅番だけ、また短時間など働き方にもいろいろあります。

保育士の求人には、コンサルティングを利用する人が増加しています。より良い条件の求人を紹介してもらうことができます。